乳酸菌サプリメントで腸内環境を改善!

MENU

「乳酸菌がインフルエンザ予防に効く!」という話を聞いたことはありませんか?免疫力を向上させる乳酸菌はインフルエンザウイルスの抑制にも働くと言われています。しかし乳酸菌ならどれでもインフルエンザ対策に効くわけではありません。インフルエンザ予防に効く乳酸菌は限られています。インフルエンザ予防目的で乳酸菌商品を利用する場合は、配合乳酸菌を必ずチェックしてください。代表格は「1073r1乳酸菌」という種類...

乳酸菌は数百、数千と種類があり、最近になって新たなU開発したものもあります。その中、キリングループでも乳酸菌を開発しました。「kw乳酸菌」という乳酸菌です。kw乳酸菌はアレルギー症状や花粉症を緩和する効果があります。マウス実験でも、アレルギーと密接な関係にある白血球のバランスに変化がありました。白血球のバランスを整える働きが見られ、他にもまだまだ可能性が示唆されています。そしてさらに一般的な乳酸菌...

「r-1乳酸菌」とは通称名です。正式名称は「1073r1乳酸菌」です。乳酸菌の中でもブルガリア菌に部類される種類で、免疫力を高める効果に優れています。インフルエンザ予防に働く乳酸菌で、メディアで紹介された時期には店舗からr-1乳酸菌配合商品が姿を消したこともあります。効果を具体的に言うと、免疫機能の活性化に重要な多糖類(EPS)を産生する働きから、ナチュラルキラー細胞が活性化され免疫力の向上、イン...

乳酸菌商品を取り扱う企業でも独自の開発が進み、オハヨー乳業でも「ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株」という乳酸菌を発見しました。発見から今現在も専門家により、研究が進められている、まだまだ可能性のある乳酸菌です。ラクトバチルス・アシドフィルスL-55株という名称は長いため一般的に「l-55乳酸菌」と略されます。(ここからl-55乳酸菌と表記)l-55乳酸菌はよくある裕さん金の効能、腸内環境を...

日本は海外との共同研究でも新たな乳酸菌を発見しています。2011年にフランス・パスツール研究所と国内の研究所が共同研究を行い、「lb81乳酸菌」を発見しました。研究により、女性に嬉しい効果があることが分かりました。それは、美肌効果です。一般的な乳酸菌も美肌に有効と言われていますが、lb81は特に優れた効果があります。優れていると言っても即効性があるわけではありません。毎日適量を摂り続けることで肌の...

「lgg乳酸菌」は非常に特徴的な乳酸菌です。実は、人の腸内から分離された乳酸菌です。腸内細胞菌から分離し、lgg乳酸菌が誕生しました。lgg乳酸菌は一般的な乳酸菌に比べると、酸への耐性に優れています。胃酸や胆汁酸に強く、酸に負けず腸まで生きて届きます。大腸まで届いて、力を発揮するパワフルな乳酸菌です。効能としてはアトピー性皮膚炎やアレルギーの改善に有効と言われています。また、季節的に起こる花粉症の...

乳酸菌の種類は豊富です。数百、数千と数があり、最近になって新たに発見されたものもいくつかあります。そのひとつが「n-1乳酸菌」です。こちらは日本研究による成果です。プロバイオティクスの乳酸菌で、特徴は胃酸への耐性です。乳酸菌は腸内に届くことであらゆる効果を発揮します。しかし一般的に乳酸菌は酸に弱いことから、胃酸の影響で死滅してしまいます。対して、n-1乳酸菌は胃酸に強いことから、酸に負けずに腸まで...

「ns乳酸菌」という種類は中国科学院の博士が発見しました。同人物が培養も行っています。ns乳酸菌は一般的な乳酸菌に比べるとサイズが大きいです。球菌に比べると、物によりますが10〜100倍のサイズになっています。しかも発行能力が高く遺伝子の数は多く、栄養素のひとつであるビタミンを作ることもできる乳酸菌です。研究の段階では、発見した博士が70%の確率で死亡する養豚場に乳酸菌を与え、死亡率を5%まで急減...

ラクトバチルス・アシドフィルスL92株という名称は長いため、「L29乳酸菌」と通称されます。(ここからL29乳酸菌と表示)この乳酸菌も企業が開発したもので、かの有名なカルピス社が開発を手掛けています。新機能性乳酸菌とも呼ばれ、注目を浴びています。L29乳酸菌は生きたまま腸に届く、胃酸に強い乳酸菌です。生きた乳酸菌は他にも多々ありますが、胃酸や胆汁酸に強いことから腸で乳酸菌としての働きを発揮します。...

各企業が乳酸菌を開発していて、カルピス社でも多数の乳酸菌を保有しています。「L-92乳酸菌」もカルピス社の研究所が発見した種類です。正式には「ラクトバチルス・アシドフィルス-92株」と言います。(ここからL-92と表記)L-92乳酸菌には免疫細胞に働きかける作用があり、アレルギー症状や花粉症・アレルギー性鼻炎の症状緩和に効果が期待できます。具体的に言うと、免疫細胞の「Th1細胞」の働きを活性させ、...

乳酸菌には種類がたくさんありますが、最近は「LG21」もとても身近ですよね。LG21の乳酸飲料を見かけたことはありませんか?LG21乳酸菌は特許を取得した乳酸菌ですから、一社からしか販売されていません。ヨーグルトや飲料という形状で商品を販売しています。LG21乳酸菌には、ピロリ菌の働きを抑制する効果があります。ピロリ菌とは、胃潰瘍や胃癌、十二指腸腫瘍などの引き金になる危険因子のことです。ピロリ菌に...

時代と流れと共に新たに発見された乳酸菌も多々あります。その中、100年以上も前に発見された乳酸菌が「エンテ・コッカス・フェカリス菌」です。通称「EF乳酸菌」と呼ばれています。(ここからEF乳酸菌と表記)古くに発見されたものの効果への注目度は低く、一般普及はほとんどしていませんでした。それが近年になり、白血球を強化する作用が発覚し、注目を浴びています。その他に免疫力の向上やアレルギーなどの予防、生活...

EF乳酸菌(正式名称:エンテ・コッカス・フェカリス菌)の中に、「ETF-2001」という乳酸菌が含まれています。形状は球菌で、ボールのように丸い乳酸菌です。ETF-2001には、「TNF-アルファ」というたんぱく質に働きかえる作用があり、免疫力を活性化させます。TNF-アルファは傷や炎症などの治療に関わりのあるタンパク質ですから、免疫力のアップにつながると考えられます。年齢を重ねて傷の治りが悪い、...

「ビフィズス菌」という乳酸菌は有名ですね。ビフィズス菌は大きく括った総称で、さまざまな種類があります。そのひとつが「乳酸菌bb536」です。最近ではビフィズス菌配合のヨーグルトも多々ありますが、乳酸菌bb536ははじめてヨーグルトに配合された乳酸菌です。胃酸や胆汁酸に耐性があるため、酸に負けずに腸まで生きて届く乳酸菌です。腸内に届いてから乳酸や酢酸を産生し、蠕動運動を活性させて消化活動を助けます。...

乳酸菌はなにも腸内だけで働くわけではありません。口内にも乳酸菌は潜在し、歯周病や口臭の予防に効く乳酸菌の種類もあります。口内トラブルに気になる方には「乳酸菌ls1」がおすすめです。乳酸菌ls1には口内の善玉菌と悪玉菌のバランスをベストな配分に整える働きがあり、歯周病や口臭を予防します。歯周病や口臭のケアには他の方法もありますが、乳酸菌ls1による効果が発覚し、新しいケア方法として注目を浴びています...

乳酸菌ec-12とは、「エンテロコッカスフェカリス菌EC-12株」の通称名です。もともと腸内に潜在する細胞菌の一種で、有用菌に良い影響を与えることが発覚し注目しています。乳酸菌ec-12は他の乳酸菌に比べてもサイズが小さい種類です。乳酸菌の形状には球菌や桿菌という種類がありますが、一般的な桿菌に比べても1/5程度のサイズです。約500nm(ナノメートル)という極小サイズですから、サプリ化しても1粒...

乳酸菌が注目されるようになった現代では『乳酸菌シロタ株」も有名ですね。正式には「ラクトバチルス・ガゼイ・シロタ株」と言い、「L.ガゼイ・シロタ株」や「ヤクルト菌」と略されることがあります。ヤクルトで75年以上も研究が続けられている乳酸菌ですから、ヤクルト飲料にも含まれています。この乳酸菌は微生物「プロバイオティクス」に部類されます。微生物といっても人体には有益な存在です。乳酸菌シロタ株の特長は酸素...

乳酸菌生成エキスは乳酸菌そのものというより、文字のごとく乳酸菌を生成する働きを持つエキスのことです。乳酸菌から抽出したエキスで、これは「バイオジェニックス」という分野に該当します。プロバイオティクスの仕組みに似ています。プロバイオティクスは口から摂った乳酸菌が腸内環境を整えることに対し、バイオジェニックスは腸内にもともとある良性の微生物が生み出した物質が細胞や微生物に働きかけるという仕組みです。新...

「エンテロコッカス・フェリカス菌」という腸に良い働きを行う菌を乾燥させた上でナノ化したものが「ナノ型乳酸菌」です。ナノ型していることが最大の特徴の殺菌乳酸菌で、外部から侵入するウイルス・病原体に耐性があります。ナノ型乳酸菌はサイズが極小ですから、サプリ化にあたってもたっぷりと配合できます。一度で多量の乳酸菌を摂るときに便利な乳酸菌です。ちなみに、この乳酸菌は日本に馴染み深いお漬物にも含まれています...

乳酸菌自体が注目を浴びていますが、中でも注目度が高い乳酸菌が「プロテクト乳酸菌」です。乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、京都の伝統的な漬物からも続々と発見されています。全国的に馴染みのあるしば漬けから、プロテクト乳酸菌が見つかりました。プロテクト乳酸菌は他お乳酸菌と同じように、生きて腸まで届きます。胃酸などに負けず、生きたまま腸に届き腸内で仕事をします。それだけが特長ではありません。プロテクト...

数ある乳酸菌の中でも、ラクティス乳酸菌はポピュラーですね。ラクティス乳酸菌を商品名にした商品もあります。植物性乳酸菌ですから、胃酸などにも強く腸まで確実に届いて善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。ちなみにラクティス乳酸菌は大豆から抽出したものです。腸内の善玉菌を増やすための代表格と言っても過言ではないでしょう。ラクティス乳酸菌配合の商品もあり、利用者も多いようです。ラクティス○○という商品名が多く...

新型乳酸菌はいわば、ルーキーの乳酸菌です。この乳酸菌は、エンテロコッカス・フェカリス菌(腸球菌)の一種で、腸に定着しています。良質の菌を育てる畑から培養した乳酸菌で、最大の特徴は「もう死んでいる」ということです。すでに死んだ菌なのですが、実は生きている乳酸菌と同じように死んだ菌も働くことから、新型乳酸菌が注目されるようになりました。何よりも免疫力への影響力が最大の特長です。免疫力に有益な乳酸菌は細...

殺菌乳酸菌とは、文字のごとく殺菌処理した乳酸菌の形です。殺菌の過程で熱を加えるため、普通なら乳酸菌は破壊してしまいます。しかし最近の技術力は非常に高く、プロバイオティクス技術を用いて殺菌処理しても簡単に菌は死にません。また、一般的に食品は衛生面から加熱処理が欠かせません。そして乳酸菌は死んでしまうのですが、死んだ菌でも腸内で有益な働きを行います。死んだ菌は腸内で生きている善玉菌の餌になり、善玉菌を...

乳酸菌は数多く存在しますが、乳酸菌商品によく「有胞子性乳酸菌配合!」という売り文句がついていますよね。なぜこれほど有胞子性乳酸菌が持ち上げられているかというと、耐熱性に優れているからです。有胞子性乳酸菌は非常に耐熱性に優れていて、通常の加熱処理では死滅することがありません。なんと、85度以上の加熱でも死滅しません。一般的な乳酸菌は70度程度の温度で死滅すると言われていますから、耐熱性は群を抜いてい...

善玉菌といえば、「ビフィズス菌」が有名ですね。ビフィズス菌はもともと腸内に住んでいる種類ですが、ビフィズス菌配合の商品も多々あります。乳酸菌bb536などもビフィズス菌の一種です。ビフィズス菌は健康食品に留まらず、医薬品にも使用されています。効能の特長から、胃腸薬などにも使用されているほどハイレベルの乳酸菌です。ビフィズス菌は糖を栄養源にし、酢酸や酪酸、乳酸などの短鎖脂肪酸を生み出す微生物のことで...

ヤクルト菌とは、「ラクトバチルス・ガゼイ・シロタ株」の通称名です。ラクトバチルス・ガゼイ・シロタ株もといヤクルト菌は、京都帝国大学医学部の微生物学教室の代田稔博士が開発しました。発見者の名に由来しています。ヤクルト菌は酸素がなくてもあっても活動する菌の「通気嫌気性菌」に部類されます。乳酸菌飲料のヤクルトにも使用されている代表的な乳酸菌の一種です。ちなみに、ヤクルト社の取扱商品にはほとんど、ヤクルト...

あらゆるものに動物性・植物性という種類があり、乳酸菌も例外ではありません。植物性乳酸菌は文字のごとく、植物素材を発酵するときに使われる乳酸菌です。動物性乳酸菌は乳製品など、植物性乳酸菌は野菜や米などを発酵させるものです。どちらかというと、日本人の身体には植物性乳酸菌と相性が良いです。と、言うのも、もともと日本の食文化は植物性乳酸菌を含んだ食材を使っていました。お漬物にも乳酸菌が含まれていますし、お...

コッカス菌はまだまだ知名度が低いのですが、これから乳酸菌の摂取を積極的に行う予定なら覚えおきたい乳酸菌の種類です。消化管に住んでいる乳酸菌の一種で、悪玉菌を分解し、さまざまな効能に期待できます。整腸作用に限らず、コレステロールの抑制や排泄サポート、基礎代謝を促したり免疫力を向上させたり、血液をサラサラにするなどの効果があります。さらには、発ガン性物質を作る要因の毒素を排出させるなどの働きも期待でき...

ヨーグルトも種類が多々ありますが、カスピ海ヨーグルトも人気ですね。カスピ海ヨーグルトはもともとヨーロッパ東部のコーカサス地方から伝わったもので、「クレモリス菌」という乳酸菌を含んでいます。日本に伝わってからは、従来のヨーグルトよりもまろやかで美味しいことや乳酸菌の働きから人気が上昇しました。クレモリス菌には、乳酸を作り出す特長があります。しかし、不思議なことに乳酸に弱い面も持っていて、作った乳酸に...

ヨーグルトや乳酸飲料でおなじみの「ラブレ菌」正式には「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」と言います。ラブレ菌は日本で発見された乳酸菌です。京都ではなじみのある、すぐき漬けから発見された乳酸菌で、1993年にメディアで取り上げられたことがキッカケに話題性が高まりました。ラブレ菌は一般的な植物性乳酸菌と同じく、生きたまま腸まで届き、悪玉菌の増殖を抑制して便通を促す働きがあります...

乳酸菌が注目されるようになり、「ペデイオコツカス・ペントサセウス」という植物性乳酸菌も名を広めています。通称「P.ペントサセウス」と呼ばれる乳酸菌です。漬物などに含まれているので日本人の身体にも馴染みのある乳酸菌です。キムチやピクルスなど海外の漬物にも発酵素材として働いています。この乳酸菌は塩や酸への耐性が強力で、加工性にも長けているので生きたまま腸内まで届きやすいところが特長です。乾燥にも耐性が...

ラトジェノコツカス・ハロフイルスは通称「T.ハロフイルス」と呼ばれる乳酸菌です。乳酸菌名はまだまだ知名度が高くないものの塩に対する耐性が高い乳酸菌で、お味噌に多く含まれています。ラトジェノコツカス・ハロフイルスは発酵することで独特の風味が出てくることが特長であり、効能は少々特殊です。と、言うのも、期待できる主効能はガンの抑制です。ガンを引き起こす原因に脂肪酸エチルという味噌の発酵による物質が働きか...