MENU

乳酸菌の代表的な働き

乳酸菌の代表的な働きといえば、「整腸作用、腸内改善」といった腸への働きでしょう。
腸という内臓は、生命活動では重要な組織です。実は、第二の脳とも呼ばれるほど、重要な機能を持っています。

 

腸は独自の神経を持っています。これを腸神経と言います。
脳にも、脳神経という神経系がありますよね。
このように、同じような神経系が存在するため、第二の脳とも呼ばれているのです。

 

私たちは食べ物を消化するとき、毒素や有害物質が発生します。これらの毒素・有害物質が無害の物質に変換されて排出されると問題なく健康的なのですが、毒素などによって腸内が汚れてしまうと腸が腐敗していきます。
これにより、健康に危害が及びます。
たとえば、便秘や便通、肌荒れや体調不良なども腸内環境が悪い証拠です。

 

これを改善する、対策するために活躍するのが「乳酸菌」です。
現代人は乳酸菌が不足しているとも言われ、乳酸気サプリなどの需要が高まっています。
摂取した乳酸菌は胃を通過し、腸に届きます。そこで、腸内を整える働きが行われます。
乳酸菌だけでも腸内を整えることができるのですが、それと併せて毒素などを体外に排出する食材を積極的に摂ることで、より効率的に腸を整えられます。
たとえば、ブロッコリーやアスパラなど。これらの食材が体に良いと言われています。
また、有害物質を無害の物質に変換するためには、イワシやイカ、ゴマなどの食材が有効です。

 

乳酸菌と相乗効果が望める成分を一緒に摂取するのが、もっとも理想的です。