MENU

乳酸菌の種類

最近は「乳酸菌配合」の健康食品が増えていますね。
これも、忙しい現代社会が背景にあるのでしょう。
乳酸菌配合の食品やサプリは、人気も高まっています。
整腸作用や免疫力の向上などの働きが有名ですが、乳酸菌には種類があることを知っていましたか?

 

「乳酸菌」と大きく括られていますが、実は多種類あり、それぞれ構造が異なります。
代表的なものをあげると「ビフィズス菌」ではないでしょうか。
これはよく聞きますし、ビフィズス菌配合と記載された商品も増えていますよね。
ヤクルトという飲料やヨーグルト類にも含まれているので、とても知名度が高い乳酸菌です。
スーパーでも売っている食品に含まれていますから、乳酸菌の中でも身近な存在です。
ビフィズス菌は善玉菌として、腸内で働きます。整腸作用に期待できます。

 

それから、ラブレ菌も有名な乳酸菌ですね。
ビフィズス菌と同じように、ラブレ菌を配合したヨーグルトも登場しています。
実は、ラブレ菌は和製です。京都の伝統的なお漬物「すぐき漬け」から発見されました。
日本食は健康的と言いますが、昔は漬物から自然と乳酸菌が摂れていたのですね。

 

もうひとつ有名な乳酸菌がありますね。
もっとも最近よく目にする、耳にすると思いますが「LG21」というものです。
この乳酸菌は除菌力や感染防御力が高いことが注目されています。胃などの影響を受けやすい乳酸菌が多い中、LG21は過酷な環境でも生き残る強い乳酸菌です。

 

まだまだ乳酸菌には種類があります。その数は、300億個以上と言われています。
乳酸菌は一種類のみでも働くことは働きますが、複数の乳酸菌をバランスよく摂る方が効果的です。