MENU

乳酸菌の役割・効能

健康食品やサプリの部類でも乳酸菌配合のものが増え、人気も高まっています。
乳酸菌には、健康に重要とも言える役割があります。そのため、乳酸菌を手軽に摂取できるサプリなどの種類が増えているのでしょう。

 

乳酸菌には、ビフィズス菌やラブレ菌、LG21などの種類が存在します。
種類によって、乳酸菌の強さや働きが異なります。ひとつひとつ構造が違うので、それを知っておかないと求める効果が得られないこともあります。

 

乳酸菌と大きく括った場合の役割は、善玉菌としての働きです。
体に良い菌である善玉菌の一種で、体内環境を整えていきます。
もともと善玉菌は体内に存在していますが、生活習慣が悪かったり、食生活が乱れることによって悪玉菌が増加し、善玉菌が減っていきます。
このとき積極的に乳酸菌を摂ることで善玉菌を増やし、体内環境を整える効果に期待できます。

 

また、悪玉菌が増えた場合、腸内を腐敗してしまいます。これを防ぐ働きも、乳酸菌にあります。
善玉菌なので、整腸作用が注目されています。
便秘やお通じの改善に乳酸菌が選ばれているのは善玉菌として腸内で働くからでしょう。

 

それ以外にも健康に関わる役割があります。
たとえば、免疫力を高める働きであったり、コレステロールを抑制するなどの作用です。
ガン細胞の元である発ガン物質を抑える働きにも期待できます。
総括すると、デトックス効果や整腸作用、免疫力を高める働きにより、健康効果があると言えます。